英語力 向上 短期間

英語を向上させるには!?

本当の意味でビジネスで英語を使うようになるには、半端な気持ちで英語の学習をしても、何も身につかない、まして、短期間で英語力が向上することはないといってもいいでしょう。

 

日本における2015年度の語学ビジネス総市場規模は8,272億円という調査結果(参照: 矢野経済研究所/語学ビジネス市場に関する調査、2016年7月)が出ているにも関わらず、英語でバリバリ対外交渉をする人の数は限られているようです。

 

日本人英語ランキング

それにも関わらず、2016年の日本人の英語能力(EF 世界最大の英語能力ラインキング)では、世界72ヵ国中35位、アジアでは10位という低ランクにあり、能力も「低い」という結果が出ています。

 

また、TOEICが日本人の英語力の尺度とすることは出来ませんが、受験者数が多いですので、参考にデータを見てみると、2016年11月実施の平均スコアは、580.8点(参照: 財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会/公開テスト 平均スコア・スコア分布 一覧)ということです。

 

実務上の経験からいうと、TOEIC 800点台くらいのスコアでは、ビジネスの交渉時に活躍することは出来ないと思います。(なぜなら、英語を聞き、話すことだけでギリギリですから、冷静に、論理的な議論が出来なくなってしまうからです。TOEICのリスニングのスピードは、それ程速くないです。)

 

しかし、語学ビジネスの市場規模が示す通り、英会話学校へ通ったり、新しい教材を購入したり、TOEICテストを受けたりして、自分自身の英語力向上のためにお金を使っているようです。

 

それにも関わらず、「業務上、英語能力の向上が急務なのに、英語の勉強を継続していくことが出来ない。」という声も多く聞きます。

 

ビジネス英語

 

でも、少しくらいやったくらいで、英語の習得が出来るのでしょうか?

 

英語の文法と日本語の文法は、あまりにも違いますから、半端な気持ちで勉強しても、身につくことは期待できないはずです。

 

学校の英語教育による弊害と言われる「日本語訳」に縛られている方も多くいると思います。(日本語訳をしながらでは長い文章が読めませんし、会話中、相手の言うことの予測が出来ませんし、何よりも、会話スピードについていけません。)

 

やはり、本気で勉強しないと、英語で話し、交渉出来るようになるのは、困難ですね。

 

幼児期を過ぎ、日本語で考える思考を持った人間が、「聞くだけで英語が身につく」ことが出来るとは考えられません!

 

本当に英語が必要であれば、たとえ、社会人であっても、英語を勉強する時間は作らないといけませんね。

短期間で英語力アップ!

とは言っても、社会人として、仕事をしてれば、時間的制約があることは否めません。

 

しかし、何年も悠長に英語の勉強をしている訳にはいかないでしょう。

 

その場限りのサバイバル・イングリッシュで、冷や汗をかいている人、そして、まともな交渉を出来ずに、最後は笑顔で相槌だけ打っているビジネスマンを、いままでたくさん見てきました。(いままで、何度も、欧米、アジアのビジネスマンから、「彼らは本当に話していることをわかっているのか?」と聞かれたことがあります。悲しいですが、これが現実です。)

 

それも、ビジネス上の交渉で英語が必要な方は、会社内で重要な業務に携わっているはずなのにです。

 

ビジネス英語

 

英語学習には継続が必要ですが、英語のルールで考えられるようになるまでは、「英語だらけの生活」をするくらいが必要ではないかと、個人的には考えています。(実際にそのくらいやりましたが、日本語は忘れないですので、心配無用です!実際はその逆で、正しい日本語を身につけるために、語彙を増やしたりするようになりました。)

 

ただ、日本で生活している以上、仕事で英語を使う以外で英語を使うことが日常的にある人は、それ程多くないと思います。

 

そうであれば、英語に四六時中囲まれた状態に自分自身を追い込んで、英語の勉強をするのが、良策ではないでしょうか。

 

優しい感じのところでなく、しかっりカウンセリングがあって、ある意味、ビシビシ鍛えてくれるところで学ぶのも、短期間で英語力を向上する方法の一つです。

 

あのライザップが英語力にコミットする!【公式】ライザップイングリッシュ

超英語脳を鍛え上げる専属トレーナーが、「1人1人」の課題に合わせ最適なカリキュラムを構築、効率よい勉強方法を身に付けます。(そのノウハウは、約5万人を超えるボディメイクで培われた実績あり!)

【無料カウンセリング】トライズなら1年で英語で自由に会話できるレベルに

継続率92.4%、満足度96.1%: トライズ週3回のレッスンを含む、1年間で1000時間の英語トレーニング。「楽ではないからこそ確かな成果」がでると公言する、一般的な英会話スクールとは一線を隔した英会話スクールです。専属トレーナーとネイティブ講師のサポートもあるので安心です。

 

 

上記の通り、一般的に言って、社会人には、のんびり英語を勉強している時間はないと言われています。

 

少し費用がかかっても、夏休みや年末年始の海外旅行へ行く費用と、英語を身につけた後のことを考えたら、短期集中はリーズナブルな英語力向上の選択肢ではないかと思います。(こういうサービスは以前にはありませんでしたので!)

 

カウンセリングを受けながら、自分に合うかどうか判断して、受講有無を決めればいいと思います。(プログラムのいい面だけでなく、少なからずあるかもしれないデメリットも含めて考えてから、受講有無を決めてください!)